世界一受けたい授業で紹介された「最高の休息法」が爆売中!マインドフルネスとは?

2016年10月22日(土)に放送された「世界一受けたい授業」で紹介された「最高の休息法」が爆発的に売れています!

「最高の休息法」は精神科医の久賀谷 亮が出す本で、科学的に正しい脳の休め方を紹介しています。

日々の仕事などで疲れが取れない、鬱気味になる…。

実は疲れているのは「身体」ではなく「脳」なのかもしれませんよ?

最高の休息法

精神科医の久賀谷 亮が出す本「最高の休息法」が世界一受けたい授業で紹介されました。

この本では世界のエリートが実践している休息方法を紹介しています。

科学的に正しい脳の休め方やマインドフルネスによるパフォーマンス向上など、エリート企業でも取り入れられるヨガ・瞑想に着目しています。

本当に疲れているのは「身体」ではなく「脳」です。

脳をしっかりと休めてパフォーマンス向上を図ります。

マインドフルネスとは?

今注目されている「マインドフルネス」という言葉しっていますか?

「最高の休息法」でもマインドフルネスを取り入れています。

マインドフルネスとは瞑想に近い感じでリラックスした状態で意識を「呼吸」や「思考」などに集中させることです。

やり方は色々ありますが、あぐらで座り深く深呼吸をして目を閉じて意識を集中させる方法が一般的です。

 

スポーツ選手やエリート企業などシビアな世界では結構取り入れられています。

パフォーマンスの向上やストレスの軽減などに効果があります。

家でも簡単に出来るので最近では一般的にも普及しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)